漬け込み半日、2日で作れる!鶏ささみの燻製作り方

鶏ささみの燻製。

一番手軽に燻製できる肉の1つです♪

漬け込みが半日と短くて済むので、
木曜日くらいに
「よし、今週末燻製するぞ!しかしベーコンは間に合わない・・・」
という時
に良く作ります(笑)

作り置きしておくとツマミにもなるので便利ですね。

今回は久々に、変り種のウィスキーオークの燻製チップで作りました。

IMG_7338.jpg

○材料(レシピ)

鶏ささみ380gに対し
料理酒200cc
みりん200cc
醤油200cc
かつお系だしパック 1パック
にんにくチューブ 適量
ショウガチューブ 適量
鷹の爪 1~2本
セージ 適量

※にんにくとショウガはできることならすりおろし、醤油は良い物を使うとさらにおいしいです。
また、タマネギ微塵切りorすりおろしと一緒につけてもおいしいです!
でも、ここはお手軽にやりたかったので手抜いてます(^^;


鶏ささみ、にんにく、ショウガを用意。

IMG_8019.jpg

まずは、調味液。

鳥ささみ以外の材料を一煮立ちさせ、冷蔵庫で冷やしておきます。

IMG_7298.jpg

鳥ささみをバットに出して軽く血を洗います。

IMG_7295.jpg

スジを取ります。

IMG_7296.jpg

スジを取ったらホワイトリカーで洗います。

作っておいた調味液に鳥ささみを入れ、全体がつかるように落とし蓋をして1晩寝かせます。

IMG_8022.jpg

寝かせるのは24時間以内の方が良いです。

※もしやりすぎたと感じたら、味を見ながら塩抜きをしましょう。

・・・次の日。

さっと水洗いし、水気を良く拭き取ります。
IMG_8023.jpg

ピチットシートに包んで半日程冷蔵庫へ。
IMG_8024.jpg

スモーカーに並べ、燻煙します。
今回は燻煙にウィスキーオークのチップを使います。
ウィスキーの樽から作ったチップなので、煙自体にウィスキーの甘い香りがつきます。

60℃で1時間温熱乾燥した後、70~75℃で1時間ほど燻煙します。
その後、引き続き70~75℃以上で火が通るまで温熱乾燥します。鳥ささみの色が好みになる頃合いを見て止めましょう。
もし火が通っていなくても、食べる時にトースターで炙れば良いので大丈夫です(^^)

IMG_8029.jpg

燻煙が終わったら、おまじないのお酒霧吹き!
これをやらなかったことがないのでわかりませんが、風味が良くなっていると思います。
IMG_8030.jpg

冷めたら取り出します。
IMG_8035.jpg

フードシーラーで真空パックして冷蔵庫へ。
IMG_8038.jpg

そして・・・完成!
色は濃い目ですが、味付けは控え目なくらいです。
食べるとスモークの風味とウィスキーの香りがする一品でした(^^)

食べる前に、トースターでかる~く温めて香りを出します。
やりすぎると中に火が通り過ぎてパサパサになります。

IMG_7338.jpg

開けてみると、このしっとり具合!!
最高の食感でした♪初めてここまで完璧にできました。
多少は腕が上がったと思いたい(^^;
4Z9A9312.jpg

ちなみに冷凍もOKです!


普通のスモークチップでやる時は、赤ワインや焼酎で漬け込むとおいしいです♪
多少ミスってもおいしく頂けるのので、色々試せるのが燻製の良いところ。

偶然スーパーで見つけた「鍛高譚の梅酒」ソーダ割でいただく。
IMG_8065.jpg

ブログおすすめ記事

本ブログで紹介している燻製レシピのランキングから気になる燻製をチェック!

肉類レシピランキング!

本ブログには今までたくさんの燻製レシピを載せて来ました。見に来て頂ける方が見つけやすくするために、おすすめな肉類の燻製を全てこの記事にまとめました!私は2009年から燻製を作り続け、簡単な物から3週間かかる物まで、様々な燻製をして[…]

魚介類レシピランキング!

肉類のランキングが大変好評だったので魚介類もまとめておきます🐟本ブログには今までたくさんの燻製レシピを載せて来ました。見に来て頂ける方が見つけやすくするために、おすすめな魚介類の燻製を全てこの記事にまとめました!私は200[…]

その他色々レシピランキング!

肉類のランキングが大変好評だったので肉・魚以外の色々な食材についてもまとめておきます🐟本ブログには今までたくさんの燻製レシピを載せてきました。見に来て頂ける方が見つけやすくするために、おすすめな変わり種の燻製を全てこの記事にまとめ[…]

最新情報をチェックしよう!